結婚の概念を打ち破る その1

お問い合わせはこちら

結婚の概念を打ち破る その1

結婚の概念を打ち破る その1

2020/12/22

本当に一生未婚でいいの?

未婚のみなさんいずれは結婚したいですか?
「いつかは・・・」と思っている人が多いかな?と思います
結婚は本当に人生の大問題の一つですね

特に女性の場合
金銭的な問題があり 一生働くのも・・・
生物学的に出産の年齢もありますしね

もちろん男性であっても
「男やもめに蛆がわく」などと言われていますし
手作り料理も味わいたいですよね

 

未婚のパターン

少し生の意見を見てみましょう

読売新聞に次のような記事がありました

例1 2020/09/04
「恋愛感情ない彼 誘いに迷う」というタイトルで
30代の女性会社員のお悩みです

10年間片思いをしてくれている人がいて
「つき合ってほしい」と言われたがその度に断ってきた
今はたまに一緒にご飯を食べる関係であるが
彼が転勤を機に「一緒に行かないか」と切り出された
彼の言葉に魅力を感じる一方で恋愛感情はまったくわかない
彼に会いたいとか触れたいという要求はなく
今後も好きになるとは思えない
ただ結婚すれば親も安心することは分かっている

例2 2020/09/28
「コロナ禍 独り身の不安」というタイトルで
30代の独身で一人暮らしの女性会社員のお悩みです

コロナ禍で精神的に苦しい
友人や同僚は次々と結婚していくので
自分だけが取り残されたような気になる
振られた経験もあり
その後の男性とのお付き合いもうまくいかない
自分を高めようと努力しているが 
ふとした瞬間に漠然とした不安が押し寄せてくる

例3 2020/10/06
「結婚願望ない30代娘」というタイトルで
30代の娘さんを心配する60代の主婦のお悩みです

娘が社会人になり周りに独身がいなくなった
そのため落ち込むようになり
頭痛の薬が手放せなくなった
娘の考えは「結婚=幸せ」ではなく「結婚=ストレス」であり
結婚に何のメリットも感じていない
一人っ子がいずれ天涯孤独になると想像するだけで胸が痛くなる

ざっと見る限り こんな感じの記事がありました
どれもさもありなんといった内容になっていますね

「好きではない人との結婚への迷い」
「結婚できない独り身の女性のあせり」
「結婚する気がない娘を心配する母親」

このよう場合 何てアドバイスすればいいのでしょうか
ケースバイケースでしょうから “正解”などはないんでしょうが・・・

因みに、アドバイザーは次のように言っています。

例1
結婚は情熱でするものだからやめた方がいい
例2
焦らずに楽しむということをしてみたら
例3
本人にその気がないのだから無理強いすることはない

アドバイザーは皆 結婚を勧めてはいません

 

独身男女の現状について

ここら辺で、未婚のデータを見てみましょう
内閣府による平成16年版少子化白書によると未婚率は次のようになっています
一部をそのままコピーします

5歳年齢階級別の未婚率をみると、1980(昭和55)年と2000(平成12)年を比較して、男性の場合、25~29歳では55.1%から69.3%へ、30~34歳では21.5%から42.9%へと倍増し、女性の場合、25~29歳では24.0%から54.0%へと倍増し、30~34歳では9.1%から26.6%へと3倍になっている。
 女性の25~29歳では、1970年代では「5人に1人が独身」であったが、30年間に「2人に1人が独身」という状態に変化している。男性の25~29歳では、70年代では「2人に1人が独身」であったが、現在は「10人に7人は独身」となっている。

1970年から2000年を見ると
まさにいわゆる生物学的結婚適齢期に
独身が確実に増えています

女性
5人に1人→2人に1人
男性
2人に1人→10人に7人

この続きは次回ということで
楽しみに!!

GATEWAYはあなたの人生をお手伝いします🍀

(⋈◍>◡<◍)。✧♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡

「科学的」なカウンセリングを通し「生きる意味」を追求する
GATEWAY TO ONENESS(静岡県浜松市)

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。